金融機関コード0162
文字サイズ

EV SSL証明書

EV SSL証明書の採用

「<ナント>ダイレクト」および「<ナント>Web-ビジネスバンキング」では、EV SSL証明書を採用しています。
InternetExplorer9.0以降で「<ナント>ダイレクト」および「<ナント>Web-ビジネスバンキング」をご利用いただくと、画面上部のアドレスバーが緑色に変わり、アドレスバーに表示されたURLの横に、ウェブサイトを運営する組織名「The Nanto Bank,Ltd.」と、SSLサーバー証明書を発行した認証局名「VeriSign」が表示されます。この緑色のバーは、EV SSL証明書が、サイト運営組織の実在とサイトの真正性を証明していることを意味しています。この表示により、南都銀行の「<ナント>ダイレクト」および「<ナント>Web-ビジネスバンキング」の真正なサイトにアクセスしていることが確認でき、フィッシングサイトの判別が容易となります。
「<ナント>ダイレクト」および「<ナント>Web-ビジネスバンキング」をご利用の際には、アドレスバーの表示により、ログイン画面が南都銀行の真正なサイトであるかをご確認ください。

EV SSL証明書とは

「EV」とは「Extended Validation」の略で、「強化された認証」を意味します。インターネット上での機密情報の保護のための暗号化機能と、サイトの運営者を認証するための認証機能に加え、サイトの運営者の実在性を確認する機能を備えたサーバー証明書です。アドレスバーの表示により、お客さまがアクセスしているサイトの真偽を容易に確認できるため、フィッシング詐欺への対策に効果的なツールです。

※EV SSL証明書は、合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティが提供しています。

InternetExplorer9.0以降でのアドレスバーの画面表示について

InternetExplorer9.0以降で「<ナント>ダイレクト」および「<ナント>Web-ビジネスバンキング」をご利用いただくと、画面上部のアドレスバーが緑色に変わり、アドレスバーが表示されたURLの横に、ウェブサイトを運営する組織名「The Nanto Bank,Ltd」と、SSLサーバー証明書を発行した認証局名「VeriSign」が表示されます。
この緑色のバーは、EV SSL証明書が、サイト運営の実在のサイトの真正性を証明していることを意味しています。
この表示により、アクセスしているサイトは、南都銀行の「<ナント>ダイレクト」および「<ナント>Web-ビジネスバンキング」の真正なサイトにアクセスしていることが確認でき、フィッシングサイトの判別が容易となります。

<個人のお客さま>

<法人のお客さま>

※アドレスバーが赤色になり、「Phishing Website」と表示された場合は、南都銀行のサイトに見せかけたフィッシングサイトですので、絶対にログインしないようにご注意ください。

確認方法(対応ブラウザ)

現在、EV SSL証明書に対応してアドレスバーが緑色に変化する等の仕組みがご利用いただけるブラウザごとの確認方法は次のとおりです。

<ブラウザごとの確認方法>

  • InternetExplorer9.0以降の場合
    アドレスバー全体の背景が緑色になります。
    また、ウェブサイトを運営する組織名「The Nanto Bank,Ltd」と、SSLサーバー証明書を発行した認証局名「VeriSign」が交互に表示されます。
  • Safari3.2以降の場合
    鍵マークの隣に「サイトを運営する組織名」が緑色の文字で表示されます。
    また、「サイトを運営する組織名」をクリックすると証明書の内容が表示されます。

※上記のブラウザでも緑色のアドレスバーが表示されない場合には、お客さまのパソコンの設定が必要となります。

くわしくは、窓口または<ナント>ダイレクトヘルプデスクまでお問い合わせください。

お近くの南都銀行

電話でご相談

0120-710-256

受付時間/銀行営業日9:00~21:00
土日祝日 9:00~17:00
(但し、12/31~1/3、5/3~5/5を除く)

フリーダイヤルがご利用いただけない場合は
044-952-7013までご相談ください。