金融機関コード0162
文字サイズ

マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与対策ポリシー
Anti-Money Laundering and Terrorist Financing Policy

当行および当行のグループ会社は、マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与・汚職・贈収賄(以下、マネー・ローンダリング等という)の防止について、その重要性を理解し、適切な内部管理態勢を構築してまいります。
The Nanto Bank and affiliated companies(hereinafter referred to as “the Bank”) strongly acknowledges the importance to prevent money laundering and countering the financing of terrorism, corruption, and bribery(together “money laundering”) and shall establish the internal management system.

1. 組織態勢 Organizational structure
(1) 当行は、マネー・ローンダリング等への対策を経営上の重要な課題の一つとして位置付け、その対策に積極的に取り組みます。
The Bank is positioning the counter-measures for the money laundering as the top management issue and shall actively be involved.
(2) 当行は、マネー・ローンダリング等に係る防止対策の責任者および統括部署を定めて一元的な管理態勢を構築するとともに、関連部署が連携して組織横断的に対応します。
The Bank shall appoint the personnel in charge for preventing money laundering and establish a centralized management system and take cross-sectoral measures by cooperating with the related department.
2. リスクベース・アプローチ Risk-Based Approach
当行は、マネー・ローンダリング等のリスクをリスクベース・アプローチの考え方に基づき適切に特定・評価し、リスクに見合った低減策を講じます。
The Bank shall identify and assess the risk for money laundering based on a risk-based approach and take counter-measures according to the risk.
3. 顧客の管理方針 Customer Due Diligence
当行は、法令に基づく取引時確認、その他顧客管理措置を適切に実施する態勢を整備します。また、顧客取引記録から定期的な調査・分析を行い、必要な顧客管理措置を実施します。
The bank shall prepare internal system to implement appropriate measures for customer identification according to the law. And, the bank shall investigate and analyze the customer transaction record periodically and shall take measures for customer identification.
4. 疑わしい取引の届出 Suspicious Transaction Reporting
当行は、営業店からの報告、または取引モニタリングで検出した取引が疑わしい取引に該当するかを適切に確認・判断し、疑わしい取引と判断した場合は、直ちに当局に届出を行います。
The Bank shall promptly file a STR after determining whether such activity warranted STR filing which was reported by the branches or detected through transaction monitoring.
5. コルレス銀行の管理 Correspondent Banking Management
当行は、コルレス銀行の情報を収集し、その評価を適切に行い、コルレス銀行のリスクに応じた適切な対応策を講じます。また、営業実態のない架空銀行との関係は遮断します。
The Bank shall collect sufficient information, perform an assessment, and take counter-measures according to the risk of the correspondent bank. Transaction with banks which does not have a physical presence like shell banks is prohibited.
6. 役職員の研修等 Training
当行は、適切かつ継続的な研修等を通じて、役職員のマネー・ローンダリング等に係る理解を深め、専門性・適切性等の維持・向上を図ります。
The Bank shall provide ongoing appropriate trainings to all directors and employees for knowledge acquisition of money laundering to maintain and enhance the expertise and appropriateness.
7. 遵守状況の監査 Policy Review and Audits
当行は、マネー・ローンダリング等の防止態勢について、独立した内部監査部門による定期的な監査を実施し、その監査結果を踏まえ、更なる態勢の改善に努めます。
The bank shall conduct internal audit periodically for anti-money laundering measures to further improve the internal system by taking the outcome of the audit findings into consideration.