金融機関コード0162
文字サイズ

南都家の一族南都家の一族

ストーリーストーリー

ここは奈良に代々続く南都一家。当主が急逝したことで一族にふりかかるてんやわんやの物語。消えた遺言書。何者かの謀略と罠。そして次々増えていく謎の親族たち。日本全国どこにでも起こりうる遺産相続のトラブルがここ南都家に一気に降りかかる。ここは奈良に代々続く南都一家。当主が急逝したことで一族にふりかかるてんやわんやの物語。消えた遺言書。何者かの謀略と罠。そして次々増えていく謎の親族たち。日本全国どこにでも起こりうる遺産相続のトラブルがここ南都家に一気に降りかかる。

相関図相関図

南都家の一族南都家の一族

ムービームービー

Case01

相続あるある ★★★★★突然の不幸で遺言書がない

親父の突然の不幸。親族が集まったものの遺言書が見つからない。どう考えても一波乱が起きそうな匂い。大丈夫かなぁ。。。

CASE01 「突然の不幸で遺言書がない」

・75歳、80歳、85歳等、節目になる年齢に遺言書を作成し、併せて、その種類〈自筆または公正証書〉、保管方法・場所等について事前に相続人代表等に話をされておくことをお奨めします。
・遺言書の形式としては、家庭裁判所の検認が不要で保管面も問題なく安心できる公正証書遺言での作成をお奨めします。

→公正証書遺言の作成等、相続、承継をお考えの際には、まずお近くの南都銀行でご相談ください。そして、南都銀行の「遺言信託」の利便性・安心感を実感ください。

ワンポイント
CASE01 「突然の不幸で遺言書がない」

Case02

相続あるある ★★★★★家の分割でもめる

さっそく兄貴が家を俺のものだと言い出した。姉も必死で応戦する。ここは俺たちが育った家なんだからみんな仲良くしようよ。。。

CASE02 「家の分割でもめる」

・相続財産の50%超が不動産で占められているとの統計があります。
終活を考え始めた早期のタイミングで実家等不動産の相続について具体的にお考えになり、実家について、境界未確定等の場合には、確定を行う等事前の準備を十分に進めておく事をお奨めします
・不動産については、残された妻の居住権確保の問題や、共有関係とした場合は、将来、売却する際に、関係者間の意見がまとまらず売却に手間取る等の問題が発生する場合があります。従って、この点についても事前に考慮しておく必要があります。

→南都銀行の相続業務では、不動産の相続を含む、資産明細作成等のお手伝いが可能です。より事前の準備等がしやすくなりますので、ご相談ください。

ワンポイント
CASE02 「家の分割でもめる」

Case03

相続あるある ★★★★☆遺産を独り占めする者がいる

兄貴はなんとしてでも親父の遺産を自分のものにしたいみたいだ。俺を丸め込もうとしているみたいだが、いったい何がしたいんだ兄貴。

CASE03 「遺産を独り占めする者がいる」

・遺産の独り占めを防止するためにも、遺言書、なかでも公正証書遺言を作成することが有効です。その場合、「遺留分」に配慮することが必要です。
・遺留分とは、民法で定められている一定の相続人が一定の割合で最低限相続できる財産のことをいいます。遺留分を侵害された相続人は、侵害した相続人等に対し請求し、取り戻すことができます。

→この様な問題に関しては最終的には法律、税務等の専門家への確認が必要となります。
南都銀行ではこれら専門家のご紹介等のお手伝いが可能です。

ワンポイント
CASE03 「遺産を独り占めする者がいる」

Case04

相続あるある ★★☆☆☆多額の借金があり放棄したい

うちに遺産はそれほどない事は知ってたけど、まさかここまでとは。みんな知っていたのか?知らなかったの俺だけか?末っ子だからか?

CASE04 「多額の借金があり放棄したい」

・相続人が「相続放棄」をした場合、その人が「初めから相続人でなかった」事となるため、相続順位の変動が生じ、新たに相続人となる人がでてきます。
・プラスの財産=資産に比べて、マイナスの財産=借金・負債については、相続明細(目録)作成時、もれてしまう事が多いようです。終活を踏まえ、早目の段階での相続明細の作成をお奨めします。

→南都銀行の「遺言信託」では、資産明細の作成等事前のコンサルティングを丁寧かつ確実に行うことができます。

ワンポイント
CASE04 「多額の借金があり放棄したい」

Case05

相続あるある ★★☆☆☆家族関係が複雑だった

親父には前妻がいたり、遊び好きだったりといろいろ聞いてはいたけど、なんでこんなに知らない人が次々とやってくるんだ。親父。。。

CASE05 「家族関係が複雑だった」

・離婚、再婚に限らず、本件の様に、肉親関係のトラブルが想定される場合には、事前に十分な時間をかけて相続の詳細を詰めておく必要があります。
・この様なケースには、後々のトラブル回避の為に、事前に専門家への相談を経て、公正証書遺言を作成しておく事をお奨めします。

→南都銀行では、各種専門家のご紹介等を含めて、幅広くお客さまのお役に立ちます。

ワンポイント
CASE05 「家族関係が複雑だった」

Case06

相続あるある ★★★☆☆新たな遺言書が見つかった

親父の遺言書がもう一通見つかった。しかも書いている中身が・・・

CASE06 「新たな遺言書が見つかった」

・遺言書は何度でも書き直しが可能です 従って、自筆遺言の書き直しの場合、日付・内容等含めて後々トラブルとなるケースがでてきますので注意が必要となります。
・この様な様々なトラブルを回避する観点から、公正証書遺言の作成をお奨めします。

→南都銀行の「遺言信託」は相続全般のご相談から、公正証書遺言作成のサポート、遺言の執行に至るまでトータルでサービスをご提供できます。

ワンポイント
CASE06 「新たな遺言書が見つかった」

Case07

相続あるある ★★☆☆☆遺産の配分が一方的

親父の遺産を狙っている奴が他にいる。味方のふりしてまさかあいつが。

CASE07 「明らかに内容の偏った遺書が出てきた」

・お世話になった家族以外の人等への遺贈を希望される場合には、遺言書が必要となります。また、法定相続人がおられる場合は、遺留分やみなし譲渡課税等の問題をクリアするために、できれば生前にその旨について、専門家に相談される事が必要とも考えます。

→南都銀行の「遺言信託」は、この様なケースについても、豊富な経験を持つコンサルタントが、専門家のご紹介等を含め、都度お手伝いいたします。ぜひご相談ください。

ワンポイント
CASE07 「明らかに内容の偏った遺書が出てきた」

Case08

相続あるある ★★★★☆遺言書の内容が不当

親父から貰えるものが、何でこれだけなんだ?ってか何でこれなんだ?

CASE08 「遺言書の内容が不当」

・自筆遺言、公正証書遺言、いずれにしても内容自由ではあるものの、不当な内容の遺言書が横行すると相続トラブルが増えるという点に留意いただくと共に、遺留分についても上記趣旨等を理解・配慮した内容にすることが必要と考えます。

→南都銀行の「遺言信託」はお客様の各種事情を配慮した上で、豊富な経験をもとにモアベターな方向性・選択肢等お示しできるよう、専門家との協働等含めてサポートが可能です。

ワンポイント
CASE08 「遺言書の内容が不当」

Case09

相続あるある ★★★☆☆遺言書を紛失した

親父の遺言書。どこをどう探しても見つからない。誰が隠したんだ。

CASE09 「遺言書を紛失した」

・この様な紛失等に関連するトラブルを回避する観点からも、極力、公正証書遺言での遺言作成をお奨めします。

→南都銀行の「遺言信託」は相続全般のご相談から、公正証書遺言作成のサポート、遺言の執行等に至るまでトータルでサービスがご提供できます。ぜひご相談ください。

ワンポイント
CASE09 「遺言書を紛失した」

Last

相続あるある 測定不可相続・遺言は南都銀行へ

どいつもこいつも自分の事ばかり。このままでは骨肉の争いだ。これを止められるのは誰なんだ。誰かこの争いを止めてくれ!

相続・遺言は南都銀行へ
相続・遺言は南都銀行へ

※「相続あるある」は、窓口等でのお問い合わせ件数や一般的なデータを参考に導き出しております。

南都家のようにならないために...相続・遺言は南都銀行へ 詳しくはこちら南都家のようにならないために...相続・遺言は南都銀行へ 詳しくはこちら