金融機関コード0162
文字サイズ

お知らせ

2014年1月30日

フィッシング詐欺対策ツール「PHISHCUT(フィッシュカット)」
フィッシング詐欺からお客さまを守ります

「フィッシング詐欺」とは…
銀行やクレジットカード会社などを装った電子メールを送り、その電子メールのリンクから偽サイトに誘導して、ID、パスワード、口座番号などの個人情報を詐取する行為です。

「PHISHCUT(フィッシュカット)」とは…
ウェブサイトに埋め込まれた「電子透かし※」を利用して、お客さまの閲覧するホームページが正規のサイトかフィッシングサイトであるかを検証し、ツールバー上に結果を表示します。
※ 画像・動画・音響データなどに人間が知覚できないような情報を埋め込む技術です。


●主な特徴
お客さまが、「PHISHCUT(フィッシュカット)」をダウンロードすることにより、当行のホームページとして閲覧しているサイトが当行の正規なホームページなのか、当行ホームページを偽装したものかを、ツールバー上の表示によって判断できます。ダウンロード後はInternet Explorerを起動するたびに自動的に作動します。
偽装ホームページの場合は、お客さまが重要情報(ID・パスワード等)を送信しようとした場合、強制的に中止されます。
また、当行で利用している重要情報(ID・パスワード等)を常時監視し、他のサイトで入力しようとする場合、画面上に注意メッセージを表示し、お客さまに注意を促します。
ご利用は無料です。


→「PHISHCUT(フィッシュカット)」のダウンロードなど、詳しくはこちらから