エントリー

マイページ

南都銀行 RECRUITING SITE

エントリー

マイページ

HOME 南都で働く行員・窓口(テラー) 植田 可奈江

南都銀行とお客さまをつなぐ「窓口」になりたい。 窓口(テラー) 植田 可奈江

私の仕事

窓口(テラー)という仕事

店頭の窓口業務を担当するのがテラー。「ハイカウンター」は主に預金口座の入出金などの手続きを行い、「ローカウンター」は預金商品や投資信託などの提案・販売、相談業務を担います。テラーは銀行の顔となるため、身だしなみはもちろんのこと、きちんとした挨拶、言葉遣いが必要とされます。

地域に根ざした南都銀行で、お客さまの力になりたい

大学で経済を学び、金融機関の仕事に就きたいという希望を持つように。中でも銀行は多くの方の生活に欠かすことのできない存在であり、さまざまな方面でお客さまの力になることができることに魅力を感じました。奈良で生まれ育った私にとって南都銀行は最も身近な銀行であり、地域に密着した銀行というイメージがあったので親しみを感じていました。

また、大学時代にいろいろな都道府県出身の友人と知り合い、それぞれの地元の素晴らしさを話し合う中で、改めて自分は奈良が好きだと実感したんです。そして、奈良を中心とした営業地域の活性化に貢献したいという想いと南都銀行がつながり、就職を希望しました。

心がけているのは、お客さま一人ひとりに向き合った応対

私は現在、窓口業務を行うテラーを担当しています。窓口にお越しになるお客さまは、年齢もご要望もさまざまです。店舗には多くの行員がいますが、お客さまにとっては私が当行を代表する行員となるため、一人ひとりにしっかり向き合い、丁寧に応対するよう心がけています。次回ご来店された時にはお声がけをするなど、気軽にご相談してもらえる関係づくりに日々努めています。

当行で働いて実感するのは、地域とのつながりが深いこと。地域のお祭りや行事に参加するなど、交流の機会がたくさんあることがうれしく、「この銀行で働けて良かった」と感じます。これからも初心を忘れずスキルアップに努め、お客さまから「あなたにお願いして良かった」と喜んでもらえるような行員になりたいと思います。

One Day Schedule

Career Path

私の夢と誇り

Dream

仕事面では、お客さまや職場の方々から信頼される行員になること。仕事以外でも家族や友人から頼ってもらえる存在になりたいと思っています。

Pride

金融サービスを通じて、さまざまな方の課題解決のお手伝いができること。そして、大好きな奈良の活性化に貢献できることです。

他の行員のインタビュー

PAGETOP