エントリー

マイページ

南都銀行 RECRUITING SITE

エントリー

マイページ

HOME 南都で働く行員・本部 岡山 浩一

世界と地域の企業をつなぐ架け橋となる。 本部 岡山 浩一

私の仕事

本部という仕事

法人営業部ASIA業務グループは、企業が海外進出を検討される際、営業店の担当者や香港・上海駐在員事務所などと連携して、現地の投資環境や法規制、金融情勢などを踏まえたビジネスマッチングのアドバイス・支援を行います。その他にも海外戦略セミナーの開催や為替業務も担当しています。

銀行の仕事は「信用」をつくる製造業でもある

就職活動をしている時は、銀行という業種は金融という商品を提供する“サービス業”というイメージを抱いていました。しかし、南都銀行の先輩方からいろいろな話を聞き、お客さまや地域に対して信用をつくる“製造業”であることを教えてもらいました。そのことからおもしろく、やりがいのある仕事に感じるようになったんです。そして自分が育った奈良で、お客さまとの出会いから信頼関係をつくり、地域の発展に貢献したいと思い、志望しました。

これまで海外進出の支援をさせていただいた企業が成長された姿を見ると、少しは地域経済に貢献できているのかなと、うれしく、誇らしい気持ちになります。

一つひとつの仕事が新たな発見のある挑戦

海外関連の業務は当行において比較的新しい業務であり、前例があまりないため、時には海図のない航海に出ているような気分になることも。しかし、お客さまの目的や現地の状況などを丁寧に分析していけば、自ずと方向性は見えてきます。一つひとつの仕事が大きな挑戦であり、新しい発見や学びがあるので、毎日がとても充実しています。

私の座右の銘は、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」です。経験を重ねて後輩や部下ができても、常に謙虚さを忘れず、学ぶ姿勢を持ちつづけるよう心がけています。私は入行する時に、「支店長になる」という目標を掲げました。まだまだ道のりは遠いですが、目標を達成するために自己研鑽に励みたいと考えています。

One Day Schedule

Career Path

私の夢と誇り

Dream

地域企業の成長と、当行の成長に貢献できる行員になること。

Pride

歴史と信用のある「南都銀行」という看板の下で働くこと。

他の行員のインタビュー

PAGETOP