エントリー

マイページ

南都銀行 RECRUITING SITE

エントリー

マイページ

HOME 南都で働く行員・キャリアパス1

CAREER PATH 1 浦西 立子

成長や、やりがい発見の出発点は「お客さまのため」という想い

仕事への想いが強くなったきっかけは、多くのお客さまとの出会いから

仕事を好きになることが銀行員として成長し、充実したキャリアを築いていける大きな要素だということを、南都銀行で働く中で実感しています。最初は苦手なことであっても前向きに取り組む気持ちがあれば、必ず課題を乗り越え、やりがいを感じるようなるはずです。

入行後は、後方事務担当からスタートするのが一般的ですが、私は、新設された支店に配属されたこともあり、当時でも珍しく、個人のお客さまに新規取引や取引の拡大を提案する担当になりました。当時は人と話すことが苦手で不安もありましたが、多くのお客さまと出会い、どんどん仕事が好きになっていきました。それは、当行が地域に密着した銀行で、お客さまとの距離が近いことが大きかったと思います。

南都銀行でキャリアを積む魅力を自分らしいスタンスで伝えたい

私が支店長代理を任せていただいているのは、キャリアを通じてお客さまのお話に傾聴し、ニーズに合った提案を心がけてきた結果だと考えています。もちろんスキルアップのためにさまざまな研修を受け、自己研鑽に励んでいますが、その根底には常に「お客さまのため」という想いがあります。この想いがあるからこそ自分の仕事に誇りをもつことができ、結果もついてくるのだと思います。

時には大きな壁につきあたることもあります。私も出産や支店長代理就任など大きな節目に、「しんどい!」と思うこともありましたが、働きつづけて良かったと思っています。なぜなら、もし辞めていたら、お客さまが喜んでくださる顔を見ることができなくなり、自分自身も今の充実感を得ることがなかったであろうと思うから。こうして振り返ることができるのは、職場の皆さんや家族に支えてもらったからだと感謝しています。

現在は、担当する為替・公金の決裁業務に加え、若手行員を指導する機会も増えています。その際には実体験を通じて感じた“仕事の楽しさと、仕事を好きになる大切さ”を発信するとともに、南都銀行は働く人にとっても魅力的な職場であることを伝えています。

Career History

入行2年目

新設された支店に配属されたこともあり、当時でも珍しく、個人のお客さまに新規取引や取引の拡大を提案する担当をすることに。お客さまのご自宅を訪問してセールスを行うのですが、当初はお客さまとの会話が苦手でした。しかし、お客さまとのコミュニケーションを通じて少しずつ克服。それに伴い仕事が楽しくなっていきました。

入行19年目

育児休職を経て職場に復帰。当行のシステム改変に向けて、事務の要となる役割を担うことに。当初は仕事と育児の両立が大変でしたが、家族や職場の皆さんのサポートで乗り越えることができました。

入行29年目

長年担当していたテラーから個人渉外担当に。お客さまの相談業務を中心に行っています。自分自身の目標だけでなく、支店の目標達成に貢献できるよう努めています。

入行30年目

私が勤務する橿原支店は当行が取り組む、より良い職場環境づくりを目的とした「改善活動」のモデル店となっており、支店長代理として事務業務の改善や5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)活動に努めています。

他の行員のインタビュー

PAGETOP