金融機関コード0162
文字サイズ
探訪 萬葉の世界

萬葉ゆかりの地

石上布留(奈良県天理市)

(1)
石上 布留の神杉 神さびし 
恋をもわれは 更にするかも

柿本人麻呂歌集(巻11、2417)

(2)
をとめらが 袖ふる山の 端垣の 
久しき時ゆ 思ひきわれは

柿本人麻呂(巻4、501)

天理市布留町の静かな森の中に、今でも神々しく立っている石上神宮は、万葉集では、石上布留(いそのかみふる)と詠まれることが多い。(1)【石上布留の神杉のように老いてなお、私は恋をしようとしている。】(2)【乙女たちが袖を振る(布留)のやしろの端垣(みずがき)が久しく変わらないように、私はずっとあなたに恋している。】

石上神宮